ジブリパークで、
あの時の感動を体感しよう
ジブリパークの全てを集約
ジブリパーク

ジブリパークを鈴木敏夫は「あくまでも公園」というが「芝居もしたい」その意味は?

AIKO
AIKO
こんにちは!ジブリ大好き主婦WebデザイナーのAIKOです。

2022年秋にオープンを予定しているジブリパーク、みなさんはどんなイメージを持っていますか?

あのジブリ作品がどんな形になるのか、楽しみですよね!

合同記者会見の内容から、どんなテーマパークになるのか見えてきたので、まとめてみました。


 

ジブリパークの合同記者会見が開催「あくまでも公園」

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが愛・地球博記念公園に訪れた際に「人間がいじってはいけない部分があると感じた」といいます。

また、会見ではジブリパークは、「あくまでも公園」とし、現状の公園の中にテーマパークの要素を入れながら、公園として整備していくようです。

AIKO
AIKO
ディズニーランドのようなアトラクションやショーに溢れたテーマパークとは少し違った形になりそうですね。

ジブリパークは「映画だけじゃなく芝居もやりたい」

また、鈴木敏夫は「映画だけじゃなく芝居もやりたい」と構想を明かしました。

ジブリ映画の上映予定があるか、との質問に対しての回答なのですが、「映画だけじゃなく」ということは映画上映は構想に含まれているのでしょう。

それに加えて、芝居となると、大きなステージが作られる可能性もありそうです。

AIKO
AIKO
詳細は語られませんでしたが、映画に芝居にと見るものがたくさんありそうです!

鈴木敏夫「大村知事に口説かれた」ジブリパークは結婚と同じ!その意味とは?

ジブリパークの協業に至った理由として、鈴木敏夫は愛知県知事の大村秀章に「口説かれた」と語りました。

AIKO
AIKO
大村秀章は、東京に来るたびに7、8回も事務所に通って、協業への情熱を伝えそうです!凄いですね!

そのことから、鈴木敏夫は今回のジブリパークの整備、運営に向けての合意書を結納と例え、運営を結婚としました。

今の気分はマリッジブルー。いよいよ結婚となると逃げたくなる。」と冗談を口にする場面もありましたが、「前向きにがんばります」ということで安心して期待できますね!

宮崎駿は“おせっかいじじい”

さて、やはりジブリパークについて、宮崎駿がどういう反応をしたのか気になりますよね。

鈴木敏夫は宮崎駿に会うとジブリパークの話をしているようで、宮崎駿自身もどうなるのか気にしているようです。

ジブリパークは宮崎駿の長男である宮崎吾朗が関わっているようですが、彼が何をしているのか気になって仕方がないようで、口を出してしまうと語られました。

AIKO
AIKO
鈴木敏夫はその様子を見て、宮崎駿を「おせっかいじじい」と言うくらい、気にかけているようです。

ロゴとポスター公開!ロゴは鈴木Pが付け足した?

ロゴとポスター公開!ロゴは鈴木Pが付け足した?

引用:https://mantan-web.jp/article/20190531dog00m200035000c.html

会見では、ロゴとポスターも公開されました。

ロゴの「ジブリ」の文字は宮崎駿が随分前に書いたもので、見たこともありますが、その後ろの「パーク」は鈴木敏夫が真似をして書き足したそうです。

AIKO
AIKO
違和感なく作られていて流石ですね!

2022年秋から2023年春までに5つのエリアが完成!予想図公開!

ジブリパークは2023年春までに5つのエリアが開業します。

まず、2022年秋に「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」が開業し、2023年初旬に「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」が続いて開業します。

会見ではイメージデザインも公開されました。

AIKO
AIKO
愛・地球博記念公園にジブリの世界観を組み込んで、新しい公園になるのが楽しみですね!
ジブリパーク エリア紹介
ジブリパークが2022年に開園!エリアは5つだけではない? 各エリアの最新情報を紹介!   ジブリファン待望、ジブリパークが「愛・地球博公園」内にオープンします! 2022年より2期に分けて開園予定、工事の進行状況は? ジブリ映画の世界を体験できる魅力的な5つのエリアの最新情報をご紹介し、さらにエリアが広がる可能性も?検証していきたいと思います!...
関連記事