ジブリパークで、
あの時の感動を体感しよう
ジブリパークの全てを集約
ジブリパーク

ジブリパークに関連する銘柄の株価は絶対に上がる!推測して先に購入しておこう!

AIKO
AIKO
こんにちは!ジブリ大好き主婦WebデザイナーのAIKOです。

人気のあるスタジオジブリの作品、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」など皆さん一度は見たことがあるのではないでしょうか。 

そんなジブリの世界観を再現したジブリパークが2022年にオープンする予定、これは経済効果にも期待ができるので要チェックです。

今回は、ジブリパークが及ぼす経済効果や恩恵を受ける関連企業などを紹介します。

 ジブリパークが及ぼす経済効果とは?

ジブリといったら、東京都三鷹市にある三鷹の森ジブリ美術館があります。

年間来場数は60万人を越え、海外からの観光客も足を運ぶほどの人気の観光地であり、ジブリの作品はとても人気があることが分かります。 

世界的に人気のあるジブリの作品を堪能できるジブリパークが開業した時の経済効果はどのくらいのものになるのでしょうか 

ジブリパークとは 

前述したとおりジブリパークはジブリの作品の世界観を再現したテーマパークで、愛知県の愛・地球博公園の内に整備される予定です。 

基本デザインは5つのエリアからなり、青春の丘エリア、ジブリの大倉庫エリア、どんどこ森エリアは2022年、翌年にもののけの里エリア、魔女の谷エリアが開業される予定となっています。 

愛・地球博記念公園は約194haそのうちジブリパークの5つのエリアは約7.1haにもなり、とても広い面積になるのでかなりの集客が期待できるのではないでしょうか。 

AIKO
AIKO
三鷹の森ジブリ美術館の敷地面積は約4000㎡、1ha=10000㎡なのでジブリパークはかなり広大なテーマパークになりますね!

 

ジブリパークが及ぼす経済効果

  ジブリパークの先行する3つのエリア開業時約100万人、5つのエリアがすべて開業したら約180万人の人が来場すると推定されています。

経済波及効果については、整備に関する建設投資が約840億円、5つのエリア開業により創出される消費に関しては年間約480億円と試算されています。 

ジブリは世界的に人気があるので外国人観光客も多く訪れる事が予想できますし、愛知県には2017年にできたレゴランドもありますので相乗効果でさまざまな影響を与えそうです。 

AIKO
AIKO
パーク周辺にある飲食店や宿泊施設も影響を受けるかもしれません、ジブリパークの経済効果は非常に大きくなりそうですね!

ジブリパークに現時点で関連する銘柄とは? 

ジブリパークが開業することによってどのような企業がその恩恵を受けることが出来るのか関連銘柄を調べてみました。

観光客が増える事で交通や宿泊関連の企業が恩恵を受けられそうです。

銘柄 株価12/3時点 主な事業
名古屋鉄道 2869円 中部最大の私鉄でグループの中核。不動産やホテル、レジャー施設など多角展開
JR東海 14280円 好採算の東海道新幹線が収益の柱。在来線12路線保有。不動産事業も
近鉄GHD 4810円 私鉄で有数の営業キロ数。グループ力は業界最大級。百貨店、不動産やホテルも。
ユニゾHD 5990円 東京の不動産会社。ビル賃貸、ホテル事業も。ソフトバンクG系ファンドがTOB。

 名古屋鉄道

名古屋鉄道は、名古屋の鉄道会社で中部では最大の私鉄になります。

ジブリパークができることにより観光客が増えれば乗客が増える、乗客が増えるとそのまま売り上げに直結するので株価によい影響がでると予想されます。 

AIKO
AIKO
「名鉄イン」というホテルを愛知県内に複数展開しているのでホテルの利用客が期待できるのもポイントです。

東海旅客鉄道 

JR東海は東海地方を地盤とする鉄道会社。

2017年に「名古屋JRゲートタワーホテル」を開業しているので、ジブリパークが開業したら名古屋鉄道と同様に乗客の増加とホテルの利用客の増加の恩恵を受けることが期待できます。 

近鉄グループHD 

近鉄グループHDもジブリパークの関連銘柄としてあげさせてもらいます。

近鉄名古屋駅を所有している私鉄で、関西私鉄でも規模の大きな私鉄ですのでジブリパーク開業の恩恵を受ける可能性は大いにあると思います。 

AIKO
AIKO
株の価格も安く手軽に購入できるので、ジブリパークの関連銘柄として大きな期待を寄せられる銘柄ではないでしょうか。

 ユニゾHD 

ユニゾHDは東京の不動産会社でビル賃貸やホテル事業も行っている銘柄です。

東京地盤の銘柄ですが東海エリアにも複数ホテルを展開しているので、ジブリパークが開業することで集客できる可能性があります。 

 ジブリパークに今後関連するであろう銘柄とは?

ジブリパークが開業に近づくにつれて今後どんな企業が関連してくそうなのかも考えてみました。

観光地として賑わえば周辺の飲食店や地域の開発などが進む可能性がありそうですね。

銘柄 株価12/3時点 主な事業
矢作建設工業 875円 中部地区で大手。民間建築中心にシフト。独自の耐震工事で受注拡大に力。
ヨシックス 1891円 居酒屋チェーンを展開。すし居酒屋など低価格設定で業態多数。直営中心。

  矢作建設工業 

ジブリパークが開業されれば、周辺の地域の再開発の計画がでてくる可能性があるのではないでしょうか。 

矢作建設工業は名古屋を地盤とした建設会社で、再開発の計画が出てくれば矢作建設工業の株価に影響を与える可能性はおおいにあります。 

ヨシックス 

ヨシックスは名古屋の居酒屋やチェーン店を展開している企業ですし居酒屋など様々な飲食店があります。

ジブリパークが開業することで観光客が増え地域が賑わうことを考慮すると株価に期待できる銘柄ではないでしょうか。

AIKO
AIKO
すしは海外観光客から人気ですのでこれも注目すべきポイントです。 

ジブリパークは上場しないのか?あったらうれしい株式優待とは?


ジブリパークを運営する「株式会社ジブリパーク」は、スタジオジブリと中日新聞社が共同で設立した会社です。

 2020年11月時点では「株式会社ジブリパーク」の上場はしていませんでしたが、今後もし上場したならばどのような株式優待があるのか考えてみました。

 テーマパーク優待券

 ジブリパークの優待券が手に入るとうれしいですね。

ジブリパークに行く機会が増えるばかりか無料で楽しむことができるなんてジブリファンならたまらない株式優待です。

AIKO
AIKO
株主限定のレアチケットになるとしたらジブリファンならより一層ほしくなります。

ジブリパークオリジナルQUOカード

 外食や買い物につかえるQUOカードがジブリパークオリジナルのデザインでもらえるのならとってもかわいいし、便利だしダブルでうれしい株式優待になりそうです。 

AIKO
AIKO
ジブリ作品の名シーンがデザインされていたら次のカードはどの作品のどのシーンなのか気になってしましまい、全部集めてみたくなりますね。

オリジナルカレンダー、ジブリオリジナルグッズ

 ジブリの作品は大人から子供まで、さらには世界規模で人気の作品が数多くあります。

そんなジブリ作品のオリジナルグッズが株主限定でもらえるとしたなら株主になってグッズを集めたいです。 

まとめ

ジブリパークが及ぼす経済効果や関連銘柄について考えてみました。 

2022年に開業される予定のジブリパークですが、世界的に人気のあるジブリの作品が再現されることもあり経済に及ぼす影響は非常に大きなものになると予想されます。

概算の費用で建設投資が約840億円、創設される消費に関しては年間約480億円と推定されていますが、実際はもっと大きな経済効果になるかもしれません。

現在は残念ながら上場していない「株式会社ジブリパーク」ですが、今後上場する可能性はゼロではないと思うのでどんな株式優待があったらいいのか考えてみるとワクワクします。

ジブリパークの開業が楽しみなのはもちろんですが、どう経済に影響を与えていくのか、運営会社は上場するのか今後の動きに注目していきたいと思います。

関連記事