ジブリパークで、
あの時の感動を体感しよう
ジブリパークの全てを集約
ジブリパーク

ジブリパークのお金事情!総工費は?想定される来場者数と経済効果は?

AIKO
AIKO
こんにちは!ジブリ大好き主婦WebデザイナーのAIKOです。

2022年秋に開業予定のジブリパーク、楽しみですよね!

映画の舞台の再現率にも期待が高まります。

今回は、ジブリパークの総工費や、経済効果などお金事情についてまとめてみました。


 

ジブリパークのお金事情!総工費は?

ジブリパークのお金事情!総工費は?ジブリパークは愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に開業予定となっています。

総事業費は約340億円と愛知県は計画しています。

ジブリ作品の世界観を用いた全5区域で構成されますが2022年に開業となるのは「となりのトトロ」がテーマになった「どんどこ森のエリア」「ジブリの大倉庫エリア」「青春の丘エリア」などの3区域です。
これら区域の整備費が約182億円とされています。

残りの2区域は約1年後に開業予定で、「もののけ姫」をテーマとした「もののけの里エリア」、「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」をテーマとした「魔女の谷エリア」が計画されています。
この2区間の整備費が約158億円です。

AIKO
AIKO
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」は総工費が600億円を越えると言われていますので、それと比べると愛・地球博記念公園の自然や設備を活かした形になるのではないでしょうか。

ジブリパークの来場者数と経済効果はどれくらいあるのか?

ジブリパークの来場者数と経済効果はどれくらいあるのか?ジブリパークの開業により、愛・地球博記念公園の来場者は3区域の開業時で約200万人、5区域開業時で約280万人と推計されています。

その内、ジブリパークの来場者数は3区域の開業時で約100万人、5区域開業すると約180万人です。

愛・地球博記念公園の2018年来場者数は約156万人ですので、来場者は大幅な増加が見込まれています。

5区域開業による経済波及効果ですが、直接効果が約283億円、原材料の購入などによる1次間接波及効果は約121億円、雇用者所得増加による消費で誘発される2次間接波及効果は約76億円と予想されています。

AIKO
AIKO
総合的に約480億円もの経済効果が予想されており、周辺地域の発展も楽しみですね。

ジブリパークエリア拡大のための資金集めの方法とは?次に来るエリアとは?

ジブリパーク 大倉庫エリアジブリパークは5区域の開業を発表していますが、そこに留まらず更なるエリア拡大も想定されているようです。

資金集めについては具体的に提示されていませんでしたが、ジブリパーク開業後の入場料などを資金とするのではないかと予想します。

次はどんなエリアができるのか、それを予想するのも楽しみですね。

AIKO
AIKO
私は「借りぐらしのアリエッティ」をテーマにした自分が小さくなったように感じるエリアができたらいいなと思っています。

まとめ

今回、愛・地球博記念公園に開業するジブリパークのお金事情についてまとめてみました。

  • 総事業費は約340億円
  • 5区域開業時で約280万人来場の見込み
  • 総合的に約480億円の経済効果が予想
AIKO
AIKO
この推測通り経済効果が生まれると2年たたずしてジブリパークの総工費を回収できそうですね!
となると第三期のエリアにも大いに期待が出来そうです。

これからどんなテーマパークになるのか注目したいと思います。

ABOUT ME
AIKO
スタジオジブリの大ファンである管理人AIKOです。 2022年開業のスタジオパークの最新情報をお届けします。 ジブリファンの家族、カップル、友達と一緒に楽しい時間を過ごすためにご活用下さい。
関連記事